肌荒れに効くサプリのおすすめはこれだ!

肌荒れサプリおすすめ

肌荒れで皮膚科を受診する前に

 

アトピー性皮膚炎などの場合は好きなメイクなども出来ずに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。また湿疹やかゆみ、赤みなどの肌荒れでも化粧ノリが悪くなってしまいメイクを楽しむことはできません。食生活や生活習慣を改善したり、十分なスキンケアを行ってもなかなか改善しない場合には皮膚科での治療も検討するでしょう。

 

ですが皮膚科に行く前にもう一度見直してみる点がいくつかあります。まずはクレンジングの種類です。乾燥肌やニキビに悩む人の中にはクレンジングオイルや拭き取りタイプのクレンジングシート原因となっていることが多くあります。

 

落ちにくいマスカラや口紅などを落とす為に洗浄力の高いものを選びがちですが、こういったクレンジングは必要な皮脂などを落としてしまったり、含まれている成分の中に必要以上に肌に負担をかける成分などもあるので注意が必要です。

 

落ちにくいマスカラなどは専用のクレンジングを使用し、他の部分はクリームタイプのクレンジングで優しく落とすようにしましょう。また洗顔料選びもクレンジングを見直す時にできるだけ界面活性剤が含まれていないものにしましょう。洗顔料に含まれる成分で肌荒れの原因となる成分が界面活性剤です。

 

肌荒れを起こしている時やアトピー性皮膚炎の場合にメイクをしなければならない時はBBクリームがお勧めです。美容手術の後に炎症を抑えながら肌をカバーする為に作られたクリームで、薄く塗るだけで外部からの刺激から保護することもできるようになっています。

 

 

肌荒れの改善に効果的なツボ

 

様々な原因によって肌荒れに悩み女性も多いでしょう。肌荒れを起こすと痛みやかゆみなどの不快感に加えて化粧ノリが悪くなってしまうなど不便なことも多くなります。肌荒れを予防したり改善したりする方法としては外部から化粧水や乳液、美容液などで栄養を吸収させたり保湿する方法と肌荒れに効果的な栄養素などを積極的に取り入れることができる食事を続けたり、肌の修復などの為に十分な睡眠を取るために生活習慣を見直したりと体内から改善する方法があります。

 

また体内から改善する方法にはツボ押しなどもあり、ツボ押しは東洋医学の分野で古来から健康や美しさなどを維持する為に取り入れられてきたものなので試してみてはいかがでしょうか。

 

肌荒れに効果的なツボは親指と人差指がV字に交わる部分にある「ごうとく」ひじを曲げた時に出る横じわが終わる所にある「きょくち」足の裏側の親指の付け根部分にある「い」足裏の土踏まずの上にある「ふくじん」内くるぶしから指幅を4本分上がった所にある「さんいんこう」というツボです。

 

ツボを押すことによって血行が改善され肌荒れの原因となっている炎症を抑えたり、胃腸の機能を高めたり、ストレスを軽減することが出来るので肌荒れを改善することができ長期的に継続することで予防することもできるのではないでしょうか。

 

ツボ押しは肌荒れ以外にも様々な効果や効能があるものがあり、ツボに興味を持つことで様々な体調不良を改善することができるので是非試してみてはいかがでしょうか。

 

漢方薬で肌荒れを改善しよう

 

肌荒れの改善には皮膚科で処方される処方薬やドラッグストアなどで購入することができる市販薬の他に漢方薬もお勧めです。漢方薬は古来中国から伝来した東洋医学の一種であり、漢方薬に用いられる材料は天然由来の植物や動物類、一部の鉱物であり、体内の気・血・水のバランスを整えることで健康を維持することができると考えられている漢方医学の分野でも肌荒れに効果的なものが豊富にあります。

 

肌荒れに効果的な漢方薬の基本は血流の巡りをよくするものが多く、「トウキシャクヤクサン」「ウンケイトウ」「ケイガイレンギョウトウ」「ケイシブクリョウガン」などが血流をよくする効果があり、冷え症の改善や婦人病の改善などにも用れらるものです。

 

また「オウギケンチュウトウ」は皮膚の乾燥による肌荒れに直接作用したり、「ウンセイイン」はニキビの改善に役立ちます。漢方薬と聞くと高価なイメージもあり継続するには経済的な負担も大きく感じるのですが、比較的安価な漢方薬も多く存在するので選び方によって経済的な負担も軽くすることができるでしょう。

 

高価なスキンケア用品を購入するよりも遥かに安く済むこともあるのではないでしょうか。漢方薬を取り入れることで肌荒れの改善だけではなく、様々な体調不良を予防したり、肌荒れ サプリで改善することができるので是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

漢方薬は自分に合ったものを症状に合わせて調合してもらうこともできるので、近くに漢方薬を専門に取り扱う薬局などがないか調べてみましょう。

 

更新履歴