坐骨神経痛を予防する衣類

トップページ 坐骨神経痛を予防する衣類

坐骨神経痛を予防する衣類

坐骨神経痛の予防には、日頃の服装で背筋を伸ばしたり腰の動きを助けたりする工夫のあるものが役立ちます。女性なら、ガードルやボディスーツの着用でウエストの高い位置までしっかりカバーすることが可能です。ボディメイクも兼ねて、着用を検討してみるとよいでしょう。

 

良い姿勢を保てるのと同時に、腰にかかる力を分散させられるのがメリットです。ただし、坐骨神経痛の初期症状やぎっくり腰の予後など、腰に不安のある状態で着用するときには、医師や接骨医のアドバイスに従ってみるのが無難です。初めてボディスーツなどを着用する際にも、専門家の指導を求めれば、体型に合った適切な着用方法を教えてもらうことができます。

 

最近では、ウエストから腰にかけて斜めにバイアスの入った機能のある衣類も増えています。ガードルやボディスーツよりも体への負荷はおだやかなものがあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。パンツスタイルのときに、背中から見えることを意識したデザインのお洒落なタイプもあります。

 

もっと簡単に坐骨神経痛の予防につながるのは、足腰の冷えを防いで腰の周辺をしなやかにしておくことです。夏のオフィスなどでクーラーの冷気に肩や腰が包まれると、血行不良の原因になります。慢性的な冷え性のきっかけともなり、腰痛などの原因にもなりかねません。

 

暑い時期には、外気と室内の温度差に応じてこまめに服装を調節し、なるべく体を冷やさないようにするのが大切です。介護の仕事や立ち仕事などで、腰に負担がかかるシーンが多い人は、日頃からサポート用のベルト着用をしておくのがおすすめです。夏用にメッシュ素材、冬用に保温機能を備えたものなど、素材や形状も様々にバリエーションが展開されています。