お薬の服用前と服用後について

トップページ お薬の服用前と服用後について

お薬の服用前と服用後について

薬を飲まない高血圧の治療方法をしていても、なかなか改善されないことがあります。そのような場合は、薬を飲んで治す治療方法に切り替えることをお勧めします。薬により、血圧が上がるのを抑え、臓器にあらわれがちな障害や合併症などを予防していくのです。

 

どんなタイミングで降圧薬を飲み始めたらよいのか迷いますよね。それは、糖尿病や臓器障害、心血管病などの疾患を持っているかどうかを考慮して、総合的に判断することとなります。日々の生活習慣をきっちり改善し、時には病院で診断を受け、そして治療を始めてみましょう。

 

それでは、どんな薬を選んでいったらよいのでしょうか。病院では私たち患者の年齢や性別、そして高血圧の状態を見て、また合併症などを持ち合わせていないかなどの考慮をして、それぞれに適した薬を書法してくれます。

 

薬を服用する時は医師から指導された通りに、決められた時間、決められた量を飲むようにしましょう。飲み忘れた分を後でまとめて飲んでしまうと、強い効果が出てきてしまい、危険なこともあるのです。

 

薬が効き始めると、段々と血圧が下がってくるかと思います。そこで自己判断で、薬の飲む量を減らしてしまったりしないでください。薬を飲むのを止めるのもいけません。その途端、せっかく下がり始めた血圧が元に戻ってしまいます。場合によっては以前よりも血圧が高くなってしまうこともあるのです。

 

薬を飲み始めてもしも発疹やかゆみなどの副作用が出てきたら、すぐに服用するのを止めてください。そしてすぐに担当医師に相談しましょう。

 

高血圧を下げるサプリのおすすめは?DHA&EPA・タウリンどれが良い?